正栄汽船株式会社  
サイトマップ
ニュース 会社情報














HOME > ニュース > 2009年1月17日
 

 
ニュース
 

平成21年 新年のごあいさつ

2009年01月17日
新年明けましておめでとうございます。
昨年の米国発の「百年に一度」ともいわれる金融危機の影響を受け、我々オーナー業を含む海運市況は、絶好調から行き先がまるで見えない不透明な状況に陥っています。また、円の急騰により更なるダメージを受けています。

ただ、視点を変えて現在の状況を見ると決して悪い面ばかりではありません。いわゆる、海運バブルが弾け、海運界に秩序が戻り諸々の要素で適正化がスタートしたように見えます。船費インフレと呼ばれた船員費・潤滑油費・入渠修繕費などの高騰にも歯止めがかかり、船費の減額も視野に入れることが可能な状況にあります。

当社は、船舶の安全運航の確保を基本に、かかる状況に真正面から正々堂々と立ち向かい、オペレーターの多様なニーズに的確に呼応した最新鋭の船舶を保有・提供するというオーナー会社としての基本的な役割を果すよう努力を続けてまいります。

本年も引き続き関係各位の一層のご理解とご支援をお願い申し上げます。
平成21年1月
正 栄 汽 船 株 式 会 社
代表取締役社長  檜垣 幸人
 
このページのトップへ
SHOEI KISEN KAISHA,LTD.