正栄汽船株式会社  
サイトマップ
ニュース 会社情報














HOME > ニュース > 2009年1月15日
 

 
ニュース
 

第4回今治市外航海運セミナーを開催しました。

2009年01月15日
去る2008年11月20日、当社専務取締役柏木 実ほか、外航海運協議会のメンバー及び、今治市の職員が弓削商船高専へ赴き、商船学科の4年生全員を対象として、第4回今治市外航海運セミナーを開催致しました。

今治市は、世界でも有数の一大海運造船の集積地で、多数の海運会社(船主)、造船所が位置する海運、造船のメッカであり、今や世界の海運業界は今治を抜きにしては語れない程に非常に重要な地位を占め、著しい成長を遂げて来ております。今治市は全国的にはタオルの町というイメージが非常に強い町でしたが、海運造船の町であることをもっとアピールし、海運業を支援して行く為、2006年、今治市を中心に当社を含め外航海運会社7社が集まり、今治市外航海運協議会が設立されました。

今治の外航海運会社の抱える最大の課題として、近年船の数が急速に増えたことによる、船舶の運行管理をする監督の不足が大きくクローズアップされて来ました。一方で地元には、外航船の士官を養成する100年以上の歴史を誇る弓削商船高専があるものの、今治にほど近いにも関わらず、地元の海運会社へ就職する新卒の学生さんは数少ないのが実情です。

今回のセミナーは、今治外航海運が大きく変革を遂げていることをアピールし、地元今治にも立派な船会社があることを先生方、学生さん達に良く知ってもらう、大変良い機会になったと思います。学生の皆さんも真剣な面持ちでメモを取りながら話に聞き入り、非常にレベルの高い質問も出て、当社にとっても大変有意義なセミナーとなりました。今回のセミナーをきっかけとして、学生の皆さんの今治外航海運への理解がより一層深まり、地元の船会社へと目を向けて頂き、船会社にとって最も重要なポストである監督として、大いに活躍して頂ける事を切に希望するものであります。
 
 
このページのトップへ
SHOEI KISEN KAISHA,LTD.