サイトマップ



HOME > 採用情報 > 先輩からのメッセージ > 船舶部工務用度課 加藤 奈緒美1
 
質問!正栄汽船て、どんな会社?
先輩からのメッセージ

新卒作用

キャリア採用

正栄汽船訪問
 
 
船舶部の仕事について
正栄汽船は何時出勤、何時退社なのですか?
朝8時出勤、17時退社です。 私はもう朝はバタバタですね。私3歳の子供いるんですけど...

うちと一緒です!3歳の子供がいると大変ですよね?
そうそう、もう大変!毎日バタバタですよ 笑 17時に退社してそこから保育園に迎えに行って、家に帰って夕飯の支度をしたり。朝も5時半くらいに起きて旦那さんと自分のお弁当を作ったり、子供に洋服着せたり、1日あっという間に過ぎていきますね。
その気持ち分かります(笑)。では仕事の話で、加藤さんは正栄汽船で普段どんな仕事をされているのですか?
主に船用品の手配をしています。船員さんが航海中に必要な船の部品や潤滑油、他にも文房具、寝具などの日用品の手配もしています。

具体的には船から届く船用品注文書を、船ごとの担当監督がチェックした後、各メーカーに見積もりを取って、監督から手配するよう依頼があれば注文します。
注文後は船の寄港地での積込みの手配、積込む港は日本だったり海外だったり、船によって航路も寄港地も様々ですので、その都度監督と相談しながら決めていきます。
金額の規模でいうと、どれくらいのものを手配するのですか?
金額の規模は非常に広いです。安いものだと何百円単位のものから高いものだと何百万円単位のものまで手配しています。
今までで印象に残っている大きな失敗は?
特別大きな失敗はないですが、注文先を間違えたりとか、ありましたね(笑)。
例えばAっていう船に詰み込まなければいけないものを、間違えてBっていう船に届けようとしたりとかありました。幸いメーカーさんが指摘してくれたので助かりましたけど。
もし気付かずに違う船に積み込まれてしまったら大変な事になるところでした。
次のページへ
このページのトップへ
SHOEI KISEN KAISHA,LTD.